東京メンタルクリニック

診療時間:平日 10:00〜22:00 土日 10:00〜18:30 祝日 休診日

リワーク

rework

うつ病やストレス関連疾患(双極性障害・社会不安障害など)で仕事を休んでいる患者さんやそのご家族・会社の総務担当の方は、「リワーク」という言葉を耳にしたことはありませんか?

リワークとは職場復帰を目指す方を対象に、生活リズムの改善やストレスのコントロール法など必要なトレーニングを組み合わせたプログラムです。
障害者職業センターや就労支援施設だけでなく、医療機関でも受けることができます。

ここではリワークを受けるメリットやプログラムの内容、クリニックでできるサポートなどを分かりやすく紹介します。

「リワーク」とは?
なぜうつ病の治療後にリワークが必要なの?

「リワーク」は、英語でReturn to work(リターントゥワーク)、つまり「再び働き出す」ためのサポートです。
症状は良くなったものの、すぐに職場復帰するには不安…という方や、1人で段取りするのが心配な方、休職と復職を繰り返している方などを、医師や精神保健福祉士・作業療法士などのチームでサポートし、必要なトレーニングやフォローを行います。
決まった時間にリワークに通うことで通勤のリズムに慣れたり、事務作業をやってみて働くイメージを取り戻したり、復職後の再発を防ぐための認知行動療法(感じ方や考え方のクセを改善する療法)が受けられたり…と、職場復帰に向けたリハビリの役目をはたします。
また、休職中はどうしても他人と接する機会がなくなりがちですが、複数で行うミーティングや軽作業を通じ、適度な対人刺激に慣れていけるのも大きなメリットです。

リワークって何をするの?
具体的なプログラムについて

職場復帰に向けた「リワーク」、具体的にはどのようなことをするのでしょうか?
その人の状態によって組み合わせは異なりますが、以下のような内容が一般的です。

    CBT(認知行動療法)
  • 「認知」とは、何かあった時にその人が無意識にやってしまう考え方や行動パターンのこと。
    自分の認知パターンを知り、ストレスや不安を軽くする方法を覚えておくと、復職後に以前と同じ原因で体調を崩すことを予防できます。
    NEAR(認知矯正療法)
  • 病気によって低下した「記憶力・集中力・段取りを考える力」などを、ゲーム感覚の専用ソフトやカウンセリング、クラフトなどの創作活動を通じて改善し、職場でスムーズに働ける手助けをします。
    セルフマネジメント
  • チェック表などを使って生活リズムを整えるとともに、どんな場面で強くストレスを感じるのかを分析したり、ストレスを感じたときのコントロール法などを学びます。
    最終的には「今どのくらい疲れているのか」「気分の浮き沈み」などが自分で分かり、適切な対処ができることを目指します。
    SST(ソーシャルスキル・トレーニング)
  • 職場での対人関係が原因で症状が悪化した場合、再度同じことにならないように練習しておくのが有効。
    自分の苦手な場面や職場でよくある場面を、スタッフや参加者が上司や顧客などの役割を演じ、どうコミュニケーションを取ればいいか学びます。
    グループワーク
  • リワーク中の患者さんが複数で行うプログラムです。
    みんなで職場に見立てた作業に取り組んだり、交代で自分の知識や意見を発表したりします。
    復帰後の職場でのコミュニケーションに役立つほか、同じ立場の患者さん同士で交流することで、新しい見方を発見したり、勇気づけられたりというメリットもあります。

心療内科など医療機関での就労支援とリワークの特徴

リワーク・就労支援は、クリニックのほか、以下のような場所で受けることができます。

  • 地域障害者職業センター(職リハリワーク)
  • 各都道府県の地域障害者職業センターで無料で職業リハビリテーションを受けられますが、病状を回復させるための治療ではないのが特徴です。また公務員は利用できません。
  • 企業による実施(職場リワーク)
  • 休職していた社員への「試し出勤」や職場復帰訓練、EAP(従業員支援プログラム)などを実施し、適切な復職タイミングを見極めます。

一方、クリニックでは上記のような条件がなくとも広く患者さんに対応でき、治療との連携もスムーズです。

このページでは、安心して職場復帰を目指すための「リワーク」について紹介しました。
リワークの期間はそれぞれで異なり、一般的には3ヶ月から7か月程度かかります。
期間が過ぎても不安が残ったり、反対に復職を焦ってしまうことがあるかもしれませんが、主治医やスタッフ、また会社関係者ともよく相談して進めていきましょう。

HOME画面へ
  • TEL 03-6263-8314

医療サポート情報