東京メンタルクリニック

診療時間:平日 10:00〜22:00 土日 10:00〜18:30 祝日 休診日

注意欠陥多動性障害(ADHD)とは

生まれつきの脳機能がアンバランスになり発達具合に影響が出ることで、人との関わりや日常生活に支障をきたす状態を発達障害と言います。

発達障害はいくつかのタイプに分類されており、その中の一つが注意欠陥多動性障害(ADHD)です。

ADHDの症状

不注意(気が散りやすい、物をなくしやすい、順序だてて活動に取り組めないなど)や多動・衝動性(ジッとしていられない、静かに遊べない、待つことが苦手で他人の邪魔をしてしまう等)といった症状が現れます。

現在において広く用いられている判断基準では、ADHDの症状は12歳以前から見られるものとされています。
これまでADHDの症状は、年齢を重ねると共に治まる傾向にあるとされてきましたが、最近の研究によると成人後も約60%の割合で症状が残るとされています。
個人差はあるものの、大人のADHDは子供の場合と比べて多動性が弱まり、不注意が目立つ傾向にあるようです。

ADHDの症状の変化

子供の症状大人の症状
多動性座っているべき時に、落ち着いて座っている事が難しい。落ち着かない感じがする。
遊びや余暇活動などに、おとなしく参加する事が難しい。貧乏ゆすりなど、目的のない動きをする。
過度におしゃべりをする。
衝動性質問が終わらないうちに答えてしまう。思った事をすぐに口にしてしまう。
順番を待つ事が難しい。衝動買いをしてしまう。
他人の行動を遮ったり、邪魔したりしてしまう。
不注意勉強などで不注意からくる間違いをする。仕事などでケアレスミスをする。
課題や遊びなどの活動で、注意を集中し続ける事が難しい。忘れ物、失くしものが多い。
興味のある事にだけ集中し、切り替えが難しい。約束や期日が守れない、間に合わない。
話を聞いていないように見える。時間管理が苦手。
課題や活動を順序立てて行う事が難しい。仕事や作業を順序立てて行う事が苦手。
同じ事を繰り返す事が苦手。片付けるのが苦手。
必要なものを無くしてしまう、忘れっぽい。
注意が長続きせず、気が散りやすい。

※こうした症状があるからと言って、必ずしもADHDであるとは限りません。
ADHDに似た症状を示す障害は他にもあり、他の障害や病気でない事を確認したのちに最終的な診断を下すことになります。

ADHDの原因について

ADHDの症状について詳しい原因は未だ不明なのですが、脳の働きの一つである実行機能(※自身の思考や行動を制御する認知システム)が関係していると考えられています。
実行機能は前頭前野と呼ばれる大脳の前方部分で調節されます。
ADHDの人は、この前頭前野を含む脳の働きに偏りがあるのではないかと言われています。

また、ADHDの人の場合、脳の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの働きが、比較的不足気味である事が分かっています。
これらの神経伝達物質の機能が十分に働いていない事が、不注意や多動性といったADHDの症状にあらわれるのではないかと考えられています。

発症の要因としては、遺伝要因が占める割合が高いと考えられています。
ただし、出生・家庭状況などの環境要因との境界がはっきりしておらず、結論は出ていません。

大人のADHD

近年は大人のADHDに対する理解も深まり、受診者や受入可能な医療機関も増え、診断がつくことも多くなりました。

多くの方は子供の頃から不注意や衝動、対人関係などで悩まれていた経験を持ち、成長に伴い自分なりの工夫や対策を考え、改善していきます。
しかし、社会に出てこれまで経験したことない環境や責任を負う立場になることで、これまでの工夫や対策を行っても上手く行かなかったり、過度なストレスに晒されることで発症し、自発的あるいは周囲の指摘から受診して診断がされる場合もあります。

大人のADHDの場合、うつや依存症、不安障害といった2次障害を併発している場合が多く、見落とされるケースも少なくないため、注意が必要です。

ADHDの治療法について

ADHDは根本的な治療はできませんが、薬物療法でADHD症状を緩和することは可能です。
また、ADHDによる生活の困難を乗り越えるための教育や療育、環境調整や周囲の対処方法を考える心理・社会的アプローチも有効です。

薬物療法

周囲との状況や心理療法の効果に応じて、必要であれば医師と相談しながら薬物療法による治療も行います。
ADHDの症状は情報伝達に重要なドパミンやノルアドレナリンの不足が原因と考えられているため、薬物によって不足している部分を補います。

コンサータ(一般名・メチルフェニデート塩酸塩)はADHDへの適応が認められた精神刺激薬で、おもに脳内のドパミンの働きを強めます。
ストラテラ(一般名・アトモキセチン塩酸塩)はおもにノルアドレナリンの働きを強めます。
最近ではインチュニブ(グアンファシン塩酸塩)の成人の適用認可が降りました。
インチュニブは神経伝達物質を増やすのではなく、情報を受け取る側の機能を調節することから非刺激治療薬と呼ばれています。

薬物治療の継続・中断は医師と相談しながら決めるので、効かないと思ったり、良くなってきたからと言って自分の判断で服用を増やしたり中止してはいけません。

心理療法

最初の診察で子どもの頃の様子や現在困っていることなどを聞き取り、困難と感じられる部分を改善するための治療をします。
これまでの行動や考え方を全て変えるのではなく、個人の特性を活かしながら周囲とのバランスを調整する治療です。

医師や臨床心理士による心理療法で、生活環境や人間関係、生活環境などの見直しを行い症状の改善を目指します。
具体的には、気が散らないよう物を置き過ぎないようすることや、困った時は自分1人で解決しようとせず周囲に頼るようにするなど、様々なルールを設けて習慣づける訓練を行います。

病院での治療以外にも普段の生活で工夫して行動し、ADHDの症状で悩まないように対策を取ることができます。
失敗が続くと自分を責めたり精神的に追い詰められたりしてしまうので、ADHDの特性を理解しながら困りごとを解決するための対策を実行しましょう。

仕事での対策・改善方法

仕事に必要な物を忘れてしまう時は、会社の物を持ち帰ると忘れる原因となるため資料や筆記用具、手帳などはデスクに置いたままにしましょう。
大切な物を持ち帰らなければいけない時は、玄関や部屋のドアの前など目に付きやすい場所へ置くと忘れにくいでしょう。

複数の仕事を同時進行できない場合、優先順位を決めて仕事ごとに作業スペースを区切ると集中して作業を進められます。
時間に捉われ過ぎず1つひとつの作業を着実に終わらせていく習慣づけをしましょう。
ただし、仕事には期限があるので作業が終わらない時はなるべく早めに上司や同僚に相談することも重要です。

他のことに気を取られて大切なことを忘れてしまいがちな方は、スケジュール管理を徹底して予定が分かりやすいように工夫しましょう。
全ての工程が予定通りに進むとは限らないので、余裕を持ったスケジュール設定がおすすめです。

人間関係における対策・改善方法

思いついたことをそのまま口にして失言をしてしまう方は、思いついたことを口に出す前にメモしたり少し間を置いて考え直してから発言したりするといいでしょう。
会議での失言を避けるためには、発言する内容を文字に起こしてまとめておくと安心です。

暮らしの中での対策・改善方法

衝動的にいらないものまで買ってしまう方の場合、買い物する日を決めてお金をあまり多く持ち歩かないようにするのが効果的です。
なるべく家族や友人と一緒に買い物をし、1人の時は買うかどうかその場で決めず、家に帰ってから家族に相談すると衝動買いを防げます。

自分の部屋や会社のデスクが散らかってしまう方は、掃除が終わった時のご褒美を考えておくと途中でやる気を失わずに片付けられるでしょう。
苦手なことを無理にやる必要はなないので、どうしても片付けられない場合は家族に手伝ってもらうのも方法の1つです。

ADHDは精神科や心療内科での治療、普段の生活での対策・改善法への取り組みによって症状の改善や軽減ができ、治療・対策をしながら働く方も多くいます。
適切な治療を行い、ADHDの特性を理解した上で対策・改善方法を行えば、これまで悩んでいた問題が解決して暮らしやすくなります。
1人で問題や困りごとを抱えて仕事を続けるのはストレスを溜める原因にもなるので、働く人のメンタルケアを行うEAPや復職支援をするリワークプログラムなどを利用することも働きやすさにつながるでしょう。

HOME画面へ
  • TEL 03-6263-8314

症状・疾患について

医療サポート情報